矯正歯科を利用

歯科器具と歯科医の腕

矯正装置の中には審美性が高く、患者の生活スタイルに合わせやすい矯正装置がたくさん存在しています。中でも「リンガルブラケット」は歯の裏側に装着するため、周囲から見えにくくするという特性をもっています。 矯正歯科治療において、審美性の追求はもはや当たり前となっています。というのも、歯科治療の中でも長期の渡って治療に専念するわけですから、装置自体の外見が良くないと治療を受ける人が増えないからです。 また、矯正装置によっては材質を周囲からは見えにくいものに変更することにより、審美性を高める工夫が可能となるものもあります。メタルブラケットをセラミック製に替えることで、外見上の悪さをカバーすることができるのです。

矯正歯科治療の現在のトレンドは「マウスピース矯正」と思われます。名前の通りマウスピース型の矯正装置のことで、有名どころでは「インビザライン」や「アソアライナー」が分類されます。 マウスピース矯正の最大の魅力は、その審美性の高さにあります。従来の矯正歯科治療にはワイヤーとブラケットが必要不可欠であり、材質も金属だったため見た目が悪く大人の患者には人気がありませんでした。しかし、マウスピース矯正は本体自体が薄く、透明であることから装着していても全く周囲に気付かれません。 また、可撤式ということもあり、歯磨きや食事前に外すことにより不快感を感じることがなくなりました。これらの特性は従来の矯正歯科治療ではどうしても成し得なかったことですから、素晴らしい矯正装置だと思います。