施術を受ける

腕を組む笑顔の歯科医

インプラント治療は、難しい高度な施術なので事前のカウンセリングの際の先生との意思疎通は失敗しないためにも、とても重要です。この意思疎通には自分が今抱えていたり、不安であることを行き当たりばったりで質問するのではなく事前にきちんと何を伝えるのかを用意しておくのが良いでしょう。また、手術で局所麻酔や内服薬を使うので事前に全身に何か病気などの疾患がある場合は必ず伝えなければなりません。もし伝えなければ、何か体に悪影響が出るかもしれません。そうなってからでは、遅いので、必ず伝えるようにしましょう。 また、どのくらいの頻度で通院できるのかも伝えなければならない事項の一つです。手術を二回に分けて行う場合が主流となっているので、綿密な計画を立てる必要があります。

誰でも痛い手術は嫌ですよね。インプラントの手術の最近の取り組みでは、いかにして手術中の患者さんの感じる痛みを少なくすることができるのかについてが、中心になってきています。 この取り組みについては、次のようなことが挙げられます。 手術前では、CT撮影でどのようにメスを入れれば痛みが少ないのかを探します。 手術中では、無菌部屋での執刀が痛みを少なくするのです。何故かというと、衛生状態が悪いところでは、傷口から菌が入ってしまい感染症を引き起こしてしまい痛みを生じてしまいます。また、この感染症のせいでこのインプラント治療自体が失敗してしまうリスクもあります。なので、インプラント治療の病院選びではどのような環境で 手術をするのかを重視すると良いです。