ケアする

患者と笑顔の歯科医

とればとるほど体も若い頃とは違ってどこかかしらガタがきます。体もメンテナンスが必要になってきます。それは歯も一緒です。歯が痛くても我慢してしまう人がいますがそれは禁物です。なぜなら歯がなければ噛むことも食べることもできなくなり、必要な栄養を充分に取ることもできなくなり結果として体が弱り、最悪病気になってしまうからです。歯はできれば悪いところはないなと思っていても定期検診に行くのが歯の健康を保つために1番良い事かもしれません。現在歯科医さんは飽和状態であるといわれていますが、もし歯に何らかの欠陥がある人すべてが通ったとすればそんな事はないと思います。内臓や外科的なものに比べて多くの人は歯の治療を後回しにする傾向があると言えるでしょう。

しかし今後は高齢化が進んでいくわけですから歯科の需要はどんどん高まっていくでしょう。歳を経るごとに歯の劣化や歯茎に関する問題など誰にでも起こってくるからです。歯茎が下がり水を飲んでも神経に障るようでは歯科に行かなくてはなりません。年齢とともに歯茎下がりは誰にでも起こることですので、自分は大丈夫と放置しておくと大変なことになりかねません。ですから、ちょっとでもおかしいなと自覚症状がある場合は歯科を訪れた方がいいでしょう。もしかして歯だけの病気ではなく何らかの異常がたまたま歯に出ている場合もあります。そして虫歯もなくオーラルケアにも自信を持っている方も現在、歯科にお世話になっていなくてもいずれお世話になる時がやってきますのでかかりつけの歯科を持っておく方が何かといいでしょう。